第3章 サブスクリプションのインポートおよびコンテンツの同期

このセクションでは、コンテンツをダウンロードし、管理できるように Satellite をセットアップする方法について説明します。これには、マニフェストファイルの Satellite Server へのアップロード、Red Hat リポジトリーの有効化、カスタム製品の作成、およびコンテンツの同期に関する情報が含まれます。

3.1. マニフェストの作成

このセクションでは、ご使用の Red Hat Satellite に適したマニフェストを作成する方法を説明します。

手順3.1 Satellite 6 のマニフェストの作成:

  1. access.redhat.com に移動し、メインメニューの サブスクリプション をクリックします。
  2. Red Hat Subscription Management セクションの サブスクリプション管理 (Subscription Management Applications) の下で、Satellite をクリックします。
  3. マニフェストを作成する必要があるシステムを見つけます。必ず正しいバージョンを選択するようにしてください。
  4. 割り当てる必要のあるそれぞれのサブスクリプションについて、そのサブスクリプションのチェックボックスを選択し、割り当てるサブスクリプションの数量を指定します。
  5. 選択項目を追加 を選択します。

    注記

    すべてのサブスクリプションを割り当てるには、数分の時間がかかる場合があります。サブスクリプションが割り当てられたことを確認できるまで、数分ごとに画面を更新してください。
  6. サブスクリプションが割り当てられた後に、マニフェストのダウンロード をクリックし、マニフェストファイルを既知のロケーションに保存します。