第4章 コンテンツの管理とプロモーション

この章では、アプリケーションライフサイクル環境とコンテンツビューのセットアップ方法、および Red Hat Enterprise Linux リポジトリーと Puppet モジュールの追加方法について説明します。また、コンテンツビューの公開方法と、アクティベーションキーの作成および編集方法についても説明します。
この章にある手順では、3章サブスクリプションのインポートおよびコンテンツの同期 の手順が正常に完了していることを前提とします。

4.1. アプリケーションライフサイクル環境の作成

アプリケーションライフサイクル環境は、ソフトウェア開発ライフサイクル (SDLC) のプロモーションパスにおけるステップまたはステージを表します。この例の前半では、「Dev」と「QA」の 2 つのライフサイクル環境を設定します。この例の後半では、それらの環境で使用するコンテンツビューを作成します。

手順4.1 アプリケーションライフサイクル環境の作成:

  1. コンテンツライフサイクル環境 をクリックして ライフサイクル環境パス 画面を開きます。
  2. 新規環境 ページを表示するために 新規環境の追加 をクリックします。ライブラリー はご使用の環境で使用できるすべてのコンテンツの出所になります。
  3. 名前 フィールドに Dev と入力します。「ラベル」には同じ名前が自動的に設定されますが、これはご使用のニーズに合わせて変更できます。必要な場合はご使用の環境についての説明を追加することができます。
  4. 保存 をクリックして、新しい組織を保存し、直前のページに戻ります。
  5. 新規環境の追加 を再びクリックした後、今度は QA という環境を作成します。
  6. 保存 をクリックします。