Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Satellite

第5章 コンテンツビューの使用

コンテンツビューは、オプションのフィルター機能と共に 1 つ以上のリポジトリー (yum/puppet) を含む管理対象のコンテンツセレクションです。フィルターは含めることも除外することもでき、これらのフィルターによってライフサイクルの管理用にコンテンツのシステムビューを調整することができます。また、フィルターを使用してクライアントシステムで利用できるようにコンテンツをカスタマイズすることができます。
This diagram details the creation of new versions of a Content View. These content view versions are promoted along an environment path during the application life cycle.

図5.1 上記の図は、コンテンツビューの新規バージョンの作成について詳細に説明しています。コンテンツビューのこれらのバージョンは、アプリケーションライフサイクル期間に環境パス上でプロモートされます。

公開されたコンテンツビューは、ライフサイクル環境と共に使用されます。
22921%2C+User+Guide-6.008-10-2014+13%3A34%3A52Red+Hat+Satellite+6Docs+User+Guideバグを報告する

5.1. コンテンツビューの作成

管理権限を持つユーザーが、ライフサイクル環境内で使用されるコンテンツビューを作成します。コンテンツビューを作成するには、以下を実行します。
  1. Satellite 管理者としてログインします。
  2. コンテンツコンテンツビュー をクリックします。
  3. 新規ビューの作成 をクリックします。
  4. 以下のフィールドに入力します。
    • 名前
    • ラベル - 名前 フィールドに記入があると、このフィールドにデータが自動的に設定されます。
    • 詳細
  5. 複合ビューですか? チェックボックスを選択すると、一連の公開されたコンテンツビューが 1 つの複合ビューに組み込まれます。ここからコンテンツビューを選択します。

    注記

    複合ビューですか? を選択すると、フィルターが上書きされます。さらに、公開されたコンテンツビューのグループを選択したり、これらのビューを 1 つの複合ビューにバンドルできるようになります。
  6. 保存 をクリックします。
22921%2C+User+Guide-6.008-10-2014+13%3A34%3A52Red+Hat+Satellite+6Docs+User+Guideバグを報告する