Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Satellite

第3章 組織、ロケーションおよびライフサイクル環境の設定

Red Hat Satellite 6 は、組織とロケーションの管理に対して統合的なアプローチを取ります。システム管理者は単一 Satellite サーバーに複数の組織とロケーションを定義します。たとえば、ある会社は 3 つの国 (米国、英国、および日本) に 3 つの組織 (「Finance (財務)」、「Marketing (マーケティング)」、および「Sales (営業)」) を有しているかもしれません。以下の例では、Satellite Server がすべての地理的なロケーションにあるすべての組織を管理し、システムを管理するために 9 つの異なるコンテキストを作成しています。さらにユーザーは特定のロケーションを定義してから、それらをネストして階層を作成することができます。たとえば、Satellite 管理者は、米国をボストン、フェニックスまたはサンフランシスコなどの特定の都市に分類できます。
Example Topology for Red Hat Satellite 6. The Satellite server defines all locations and organizations. Each respective Satellite Capsule server synchronizes content and handles configuration of systems in a different location.

図3.1 Red Hat Satellite 6 のトポロジーサンプル

コンテンツと設定はメイン Satellite Server と特定のロケーションに割り当てられた Satellite Capsule 間で同期されますが、メイン Satellite Server が管理機能を保持します。
22921%2C+User+Guide-6.008-10-2014+13%3A34%3A52Red+Hat+Satellite+6Docs+User+Guideバグを報告する

3.1. 組織

組織 は、ホストを所有権や目的、コンテンツ、セキュリティーレベルその他の区分に基づく論理グループに分類するために使用されます。
Web インターフェース内では、複数の組織を表示し、作成し、管理することができます。ソフトウェアやシステムのエンタイトルメントは多くの組織に割り振ることができ、そうした組織へのアクセスを制御することができます。
それぞれの組織は、1 つの Red Hat カスタマーアカウントにより作成され、使用される必要がありますが、それぞれのアカウントで複数の組織を管理することができます。サブスクリプションマニフェストは 1 つの組織にのみインポートでき、Satellite は別の組織にすでにアップロードされている証明書をアップロードしません。
デフォルトでは、Red Hat SatelliteDefault Organization という 1 つの組織が作成されていますが、これは独自のインストールに合わせて変更したり、削除したりすることができます。

重要

新しいユーザーにデフォルトの組織が割り当てられていないと、そのユーザーのアクセスは制限されます。ユーザーにシステムの権限を付与するには、ユーザーにデフォルトの組織を割り当てた後に、そのユーザーでログアウトし、再度ログインします。
22921%2C+User+Guide-6.008-10-2014+13%3A34%3A52Red+Hat+Satellite+6Docs+User+Guideバグを報告する

3.1.1. 組織の作成

以下の手順は、新規の組織を作成する方法を示しています。

手順3.1 組織の作成

  1. 右上にある 管理組織 メニューをクリックします。
  2. 新規組織 ボタンをクリックします。
  3. 名前 フィールドに新しい組織の名前を入力します。
  4. ラベル フィールドに新しい組織のラベルを入力します。
  5. 詳細 フィールドに新しい組織の詳細を入力します。
  6. 送信 ボタンをクリックします。
  7. 新しい組織に割り当てるホストを選択します。
    • 組織のないすべてのホストを新しい組織に割り当てるには、すべてを割り当て ボタンをクリックします。
    • 組織のないホストを手動で選択し、割り当てるには、手動割り当て ボタンをクリックします。
    • ホストの割り当てをスキップするには、編集に進む ボタンをクリックします。
結果:

新しい組織が作成されます。

22921%2C+User+Guide-6.008-10-2014+13%3A34%3A52Red+Hat+Satellite+6Docs+User+Guideバグを報告する

3.1.2. 組織のデバッグ証明書の作成

以下の手順は、組織のデバッグ証明書を生成し、ダウンロードする方法を示しています。デバッグ証明書により、組織にあるすべてのコンテンツのロックが解除されるため、これらの証明書はプロビジョニングテンプレートをエクスポートする際に必要になります。

手順3.2 組織の新規デバッグ証明書の作成

  1. 右上にある 管理組織 メニューをクリックします。
  2. 左側にある一覧から既存の組織を選択します。
  3. 生成してダウンロード ボタンをクリックします。これにより、デバッグ証明書が生成されます。証明書を安全な場所に保存します。

注記

ダウンロードされるデバッグ証明書が組織内にまだ存在しない場合は、プロビジョニングテンプレートのダウンロード時に自動的に生成されます。
結果:

Red Hat Satellite はデバッグ証明書を生成し、ユーザーが選択した場所にこれを保存します。

22921%2C+User+Guide-6.008-10-2014+13%3A34%3A52Red+Hat+Satellite+6Docs+User+Guideバグを報告する

3.1.3. 組織の編集

手順3.3 組織の編集

  1. 右上にある 管理組織 メニューをクリックします。
  2. 編集する組織の名前をクリックします。
  3. 左側の一覧から編集するリソースを選択します。
  4. 必要な項目の名前をクリックし、それらを 選択された項目 の一覧に追加します。
  5. 送信 ボタンをクリックします。
結果:

組織が更新され、保存されます。

22921%2C+User+Guide-6.008-10-2014+13%3A34%3A52Red+Hat+Satellite+6Docs+User+Guideバグを報告する

3.1.4. 組織の削除

手順3.4 組織の削除

  1. 右上にある 管理組織 メニューをクリックします。
  2. 削除する組織の名前の右側にあるドロップダウンメニューから、削除 を選択します。
  3. 警告ボックスが表示されます。
    組織名 を削除しますか?
  4. OK ボタンをクリックします。
結果:

組織が Red Hat Satellite から削除されます。

22921%2C+User+Guide-6.008-10-2014+13%3A34%3A52Red+Hat+Satellite+6Docs+User+Guideバグを報告する