1.3. Red Hat Satellite 6 Server のインストールワークフロー

インストール

このインストールワークフローでは、ホストマシンのプロビジョニングに必要な基本インフラストラクチャーのセットアップを含む、インストールのためのホストシステムの準備や Red Hat Satellite Server のインストールについて扱います。

  1. Red Hat Enterprise Linux 6.5 以降を搭載したホストシステムをインストールします。
  2. ネットワークポートの設定および SELinux 設定や、パッケージのバージョンが正しいことの確認を行なって Satellite Server のインストール用にホストシステムを準備します。さらに詳しくは、「前提条件」を参照してください。
  3. Satellite Server をインストールします。以下で説明されている 2 つの方法を使用できます。
  4. katello-installer を使用して Satellite Server の初期セットアップを行います。さらに詳しくは、「Red Hat Satellite の手動による設定」を参照してください。
初期設定

以下は、基本的な Satellite Server を提供し、このサーバーに Red Hat サブスクリプションで利用可能なコンテンツを設定するための初期設定の手順です。

  1. Red Hat カスタマーポータルでマニフェストを作成します。さらに詳しくは、「マニフェストのセットアップ」を参照してください。
  2. Satellite Server にログインします。これには、管理ユーザーとパスワードが必要です。さらに詳しくは、3章Red Hat Satellite へのログインを参照してください。
  3. 組織を作成します。Satellite には「Default Organization (デフォルトの組織)」が事前に設定されており、必要に応じてこの組織を使用することができます。ただし、実際の組織構成にあるものに一致する組織を作成することを強く推奨します。さらに詳しくは、「組織の作成」を参照してください。
  4. 「Default Organization (デフォルトの組織)」を削除します。さらに詳しくは、「組織の削除」を参照してください。
  5. お使いになる組織とロケーションのデフォルトのコンテキストを設定します。これにより、以降のログインから Red Hat Satellite Server の適切なコンテキストに移動するように設定されます。さらに詳しくは、「アカウント設定の変更」を参照してください。
  6. ログアウトしてから再ログインします。デフォルトの組織とロケーションの設定がメインメニューの左上に表示されるはずです。
  7. マニフェストを Satellite Server の Web インターフェースにアップロードします。これにより、サブスクリプションの情報が Satellite Server に伝播します。さらに詳しくは、「サブスクリプションマニフェストのアップロード」を参照してください。
  8. マニフェストがアップロードされると、有効な Red Hat サブスクリプションで利用できる Red Hat リポジトリーが Satellite Server にインポートされます。お客様の組織に関連するリポジトリーを選択してください。さらに詳しくは、「Red Hat リポジトリーの有効化」を参照してください。
    Red Hat Enterprise Linux 6 の最新パッケージ付きのリポジトリーを含むサブスクリプションの基本的なセットは以下のとおりです。
    1. Red Hat Enterprise Linux 6 Server Kickstart x86_64 6Server Repository
    2. Red Hat Enterprise Linux 6 Server RPMs x86_64 6Server Repository
    3. Red Hat Enterprise Linux 6 Server - RH Common RPMs x86_64 Repository
  9. リポジトリーを手動で同期します。これはリポジトリーを有効にした後に必要な手順です。この時点で Satellite Server 内のローカルリポジトリーには必要なパッケージが取り込まれます。さらに詳しくは、「同期の状態」を参照してください。
  10. コンテンツを Red Hat Satellite Server にローカルに同期させた状態で、お客様組織の要件に応じてライフサイクル環境と環境パスをセットアップします。たとえば、「Test (テスト)」または「Development (開発)」環境を作成し、現在のお客様のライフサイクル環境のシミュレーションを行います。環境および環境パスを作成するには、Red Hat Satellite 6 ユーザーガイドの『ライフサイクル環境』を参照してください。
  11. ライフサイクル環境に追加するコンテンツビューを作成します。コンテンツビューについてさらに詳しくは、Red Hat Satellite 6 ユーザーガイドの『コンテンツビューの使用』 および 『コンテンツビューの作成』を参照してください。
  12. コンテンツビューを作成した後に、組織のニーズに基づいてコンテンツビューにリポジトリーと Puppet モジュールを追加します。Red Hat Satellite 6 ユーザーガイドの『コンテンツビューにリポジトリーを追加する』 にその手順が示されています。
  13. コンテンツビューを公開し、これを使用します。この方法については、Red Hat Satellite 6 ユーザーガイドの『コンテンツビューの公開』を参照してください。コンテンツビューはいったん公開されると、ライフサイクル環境のプロモーションパス上でプロモートすることができます。
  14. これでコンテンツとプロモーションパスがセットアップされたので、システムのプロビジョニングに備えてアクティベーションキーを作成します。アクティベーションキーは、システムが正しいホストグループに関連付けられていることを確認するためにプロビジョニングのプロセスで使用されます。また、アクティベーションキーはシステムが正しいサブスクリプションを使用していることを確認するためにも使用されます。さらに詳しくは、Red Hat Satellite 6 ユーザーガイドの『アクティベーションキーの作成』 のセクションを参照してください。
  15. これで基本的なセットアップが完了したので、Red Hat Satellite 6 Server で既存ホストにあるコンテンツを管理することができます。作成したアクティベーションキーを使って、組織内の既存システムを Satellite Server に登録します。さらに詳しくは、Red Hat Satellite 6 ユーザーガイドの『ホストの登録』を参照してください。
Red Hat Satellite Capsule Server のインストール

Red Hat Satellite Capsule Server は、プライマリー Satellite Server の外部からホストの検出、プロビジョニングおよび設定などの連合サービスを提供する Red Hat Satellite コンポーネントです。以下の手順を実行して、Satellite Capsule Server のインストールおよび設定を行います。

  1. Red Hat Enterprise Linux 6.5 以降を搭載したホストシステムをインストールします。
  2. 「Red Hat Satellite Capsule Server の前提条件」 に記載されている要件を満たしていることを確認の上、Red Hat Satellite Capsule Server をインストールするシステムを準備します。これには、ネットワークポートの設定や SELinux 設定などが含まれます。
  3. Red Hat Satellite Capsule Server をインストールします。さらに詳しくは、「Red Hat Satellite Capsule Server のインストール」を参照してください。
  4. Satellite Capsule Server の初期セットアップを行います。さらに詳しくは、「Red Hat Satellite Capsule Server の設定」を参照してください。
  5. コンテンツノード機能を持つ Satellite Capsule Server の場合は、中央の Satellite Server のコンテンツを Satellite Capsule Server に同期させるために、「Red Hat Satellite Capsule Server にライフサイクル環境を追加する」 に記載の手順を完了しておく必要があります。
  6. これで Satellite Capsule Server のインストールと設定が完了し、Satellite Capsule Server を使用することができます。ホストを Satellite Capsule Server に最も近いロケーションに登録してください。さらに詳しくは、「Red Hat Satellite Capsule Server にホストシステムを登録する」を参照してください。
14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。