2.4. Answer ファイルを使用した Red Hat Satellite の設定

以下のタスクは、answer ファイルを使って Red Hat Satellite Server を設定する方法を示しています。

手順2.4 answer ファイルの使用による設定

Answer ファイルは、カスタマイズオプションと共に、自動インストールに使用されます。インストール用の answer ファイルを設定し、使用するには、以下を実行します。
  1. /etc/katello-installer/answers.katello-installer.yaml にあるデフォルトの answer ファイルをローカルファイルシステム上の場所にコピーします。
    # cp /etc/katello-installer/answers.katello-installer.yaml /etc/katello-installer/my-answer-file.yaml

    注記

    初期の answer ファイルにはほとんどデータが設定されていません。ただし、katello-installer の初回実行後は、answer ファイルにインストール用の標準的なパラメーター値が設定されます。
  2. 所定のテキストエディターで answer ファイルのコピーを開き、使用している環境に合うように値を編集します。編集が終了したら answer ファイルを保存します。

    注記

    各モジュールのパラメーターは、モジュールの params.pp ファイルに指定されます。パラメーターファイルを含む利用可能なモジュールは、以下のコマンドを実行して確認できます。
    # rpm -ql katello-installer | grep params.pp
  3. 所定のテキストエディターで /etc/katello-installer/katello-installer.yaml ファイルを開き、カスタム answer ファイルを指すように answer ファイルのエントリーを編集します。
    :answer_file: /etc/katello-installer/my-answerfile.yaml
  4. katello-installer コマンドを実行します。
    # katello-installer
結果:

Satellite が必要な設定と共にホストシステム上で設定されます。

14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。