第2章 Red Hat Satellite のインストール

2.1. Red Hat Satellite のインストール

このセクションでは、Subscription Manager を使って Red Hat Satellite Server をリポジトリーからインストールする方法について説明します。

手順2.1 Satellite Server を証明書で管理されるシステムにインストール:

  1. システムに割り当てるのに適した Red Hat Satellite と Red Hat Enterprise Linux 製品を見つけるため、利用可能なすべてのサブスクリプションを一覧表示します。
    # subscription-manager list --available --all
    このコマンドにより、以下のような出力が表示されます。
    +-------------------------------------------+
        Available Subscriptions
    +-------------------------------------------+
    
    Subscription Name: Red Hat Satellite Subscription
    Provides:          Red Hat 
                       Red Hat Satellite Capsule 6
                       Red Hat Enterprise Linux 7
                       Red Hat Satellite 6
    SKU:               SKU123456
    Pool ID:           e1730d1f4eaa448397bfd30c8c7f3d334bd8b
    Available:         6
    Suggested:         1
    Service Level:     Self-Support
    Service Type:      L1-L3
    Multi-Entitlement: No
    Ends:              01/01/2022
    System Type:       Physical
    

    注記

    SKU およびプール ID は、お使いのシステムのバージョンおよび製品タイプに対応する Red Hat Satellite 製品タイプによって異なります。お使いのシステムのバージョンと製品タイプに対応する Red Hat Satellite 6、Red Hat Enterprise Linux および Red Hat Software Collections のプール ID をメモしてください。
  2. サブスクリプションを登録済みのシステムに割り当てます。
    # subscription-manager subscribe --pool=Red_Hat_Satellite_Pool_Id
    # subscription-manager subscribe --pool=Red_Hat_Enterprise_Linux_Pool_Id
    # subscription-manager subscribe --pool=Red_Hat_Enterprise_Linux_Software_Collections_Pool_Id
  3. すべての既存リポジトリーを無効にします。
    # subscription-manager repos --disable "*"
  4. Red Hat Satellite および Red Hat Enterprise Linux ならびに Red Hat Software Collections リポジトリーを有効にします。Red Hat Enterprise Linux リポジトリーがお使いの特定のバージョンと一致していることを確認してください。
    # subscription-manager repos --enable rhel-6-server-rpms \
    --enable rhel-server-rhscl-6-rpms \
    --enable rhel-6-server-satellite-6.0-rpms
    
  5. katello パッケージをインストールします。
    # yum install katello
  6. 以下のコマンドを実行して Elasticsearch を foreman および katello ユーザーに制限できるようにファイアウォールを設定し、再起動時にこれらのルールを永続化します。
    # iptables -A OUTPUT -o lo -p tcp -m tcp --dport 9200 -m owner --uid-owner foreman -j ACCEPT \
    && iptables -A OUTPUT -o lo -p tcp -m tcp --dport 9200 -m owner --uid-owner katello -j ACCEPT \
    && iptables -A OUTPUT -o lo -p tcp -m tcp --dport 9200 -j DROP
    # iptables-save > /etc/sysconfig/iptables
    
結果:

Satellite Server がホストシステムにインストールされます。

重要

Satellite Server は使用する前に設定する必要があります。さらに詳しくは、「Red Hat Satellite の手動による設定」 または 「Answer ファイルを使用した Red Hat Satellite の設定」を参照してください。
14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。