第4章 Red Hat Satellite へのコンテンツの設定

Red Hat Satellite は、サブスクライブするクライアントホストに対し、異なるタイプのコンテンツを提供します。コンテンツタイプには、パッケージ、エラータ更新、キックスタートツリー、およびインストールイメージが含まれます。
Satellite Server は、ソースに対してこのコンテンツを提供することを要求します。コンテンツは、サブスクリプションマニフェスト ファイルを Satellite にアップロードすることによって設定されます。このファイルは、Red Hat カスタマーポータルから、または Red Hat サポートに問い合わせることにより取得できます。マニフェストは Red Hat Network ではなくRed Hat Satellite からクライアントホストにサブスクリプションを提供します。
本章では、Red Hat Satellite Server が接続されているか、または切断されているかどうかにかかわらず、Red Hat Satellite Server に必要なコンテンツを設定し、クライアントホストがそのコンテンツをサブスクライブして更新を受信できるようにするプロセスについて説明します。
14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

4.1. 接続された Satellite

4.1.1. Red Hat コンテンツプロバイダーの使用

4.1.1.1. マニフェストのセットアップ

サブスクリプションマニフェスト は、以下の方法によるか、または Red Hat サポートに問い合わせることにより取得することができます。マニフェストは Red Hat コンテンツプロバイダーをセットアップするために使用されるもので、リポジトリー情報とサブスクリプションが含まれます。マニフェストは、サブスクリプションと Red Hat Network (RHN) コンテンツを Red Hat Satellite からクライアントシステムに提供するためのベースとして使用されます。
前提条件

このタスクを続行するには、次の条件を満たしている必要があります。

  • カスタマーポータルのユーザー名とパスワードがあること。
  • マニフェストに追加するのに十分なサブスクリプションがあること。
以下の手順は、カスタマーポータルからサブスクリプションマニフェストを取得する方法を示しています。
  1. カスタマーポータル にログインします。
  2. サブスクリプションサブスクリプション管理サブスクリプション管理アプリケーション をクリックしてから Satellite をクリックします。
  3. 「サブスクリプション管理アプリケーション」ページの右上にある 以下で登録 (Register a Satellite) をクリックします。
  4. 同じアカウント内の他の Satellite システムと区別するため、Satellite の名前を作成します。
  5. リリースバージョン (Satellite Version) としてドロップダウンメニューから 6.0 を選択します。各バージョンにはパッケージの特定のサブセットが必要なため、正しいバージョンを選択することが重要です。
  6. 登録 をクリックします。
  7. サブスクリプションの追加 をクリックし、Red Hat Satellite に必要なサブスクリプションを追加してから、選択項目を追加 をクリックします。さらに詳しくは、証明書を生成する方法を参照してください。
  8. マニフェストのダウンロード をクリックして、Red Hat Satellite のマニフェストが含まれるアーカイブを .zip 形式で生成します。
結果:

Red Hat Satellite のサブスクリプションマニフェストが作成され、ダウンロードされます。

14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

4.1.1.2. サブスクリプションマニフェストのアップロード

本セクションでは、サブスクリプションマニフェストを組織にアップロードする方法について説明します。サブスクリプションマニフェストは組織に割り当てられるため、サブスクリプションマニフェストのアップロードを試行する前に必ず組織を選択してください。そうしないと、「パーミッションが拒否されました」 (エラー 403) というエラーが発生します。

手順4.1 サブスクリプションマニフェストのアップロード:

  1. Satellite Server にログインします。
  2. すべてのコンテキスト任意の組織 をクリックし、サブスクリプションマニフェストを割り当てる組織を選択します。
  3. コンテンツRed Hat サブスクリプション をクリックしてから、ページ右上の マニフェストの管理 をクリックします。
  4. サブスクリプションマニフェスト セクションで、アクション をクリックし、新規のマニフェストをアップロード サブセクションで 参照 をクリックします。
  5. アップロードするマニフェストファイルを選択してから、アップロード をクリックします。
14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

4.1.1.3. Red Hat リポジトリーの有効化

Red Hat マニフェストファイルは Red Hat 製品およびリポジトリーへのアクセスを提供します。ただし、ほとんどの製品にはアーキテクチャーと製品の複数のバージョンがあるため、Red Hat Satellite Server では Satellite 管理者はそれぞれの組織で必要になるリポジトリーを選択することができます。リポジトリーは Red Hat Satellite Server で有効にし、同期できるようにする必要があります。
以下の手順は、Red Hat リポジトリーを有効にする方法を示しています。

手順4.2 リポジトリーの有効化

  1. コンテンツRed Hat リポジトリー をクリックします。
  2. 有効にするコンテンツタイプのタブをクリックします。RPMソース RPMデバッグ RPM ベータISOその他 などのタブがあります。
  3. 利用可能な複数のリポジトリーセットを確認できるように、製品名の横にある矢印をクリックし、各 Red Hat 製品を展開します。
  4. 追加する Red Hat リポジトリーセットを選択します。これを選択すると、ご使用の Red Hat Satellite Server でリポジトリーが自動的に有効になります。
結果:

リポジトリーは有効にされ、同期を開始することができます。

注記

上記の「Red Hat リポジトリーの有効化」ページの手順で確認できる製品は、マニフェストの内容によって異なります。必要な Red Hat リポジトリーがこのページで確認できない場合は、マニフェストか、または Red Hat カスタマーポータルのサブスクリプションのページを参照してください。
14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

4.1.2. 製品の使用

4.1.2.1. 製品の作成

以下の手順は、Red Hat Satellite で新製品を作成する方法を示しています。

手順4.3 製品の作成

  1. コンテンツ製品 をクリックします。
  2. + 新製品 リンクをクリックします。
  3. 名前 フィールドに新しい製品の名前を入力します。
  4. ラベル フィールドに新しい製品のラベルを入力します。
  5. GPG キー ドロップダウンメニューから GPG キーを選択します。
  6. 同期プラン ドロップダウンメニューから同期プランを選択します。または、+ 新しい同期プラン リンクを選択して新規の同期プランを作成します。
  7. 詳細 フィールドに新しい製品の詳細を入力します。
  8. 保存 ボタンをクリックして新しい製品を保存します。
結果:

新しい製品が作成されます。

14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

4.1.2.2. リポジトリーの製品への追加

以下の手順は、Red Hat Satellite でリポジトリーを製品に追加する方法を示しています。

手順4.4 リポジトリーの製品への追加

  1. コンテンツ製品 をクリックします。
  2. リポジトリーを追加する製品をクリックします。
  3. リポジトリー サブタブをクリックします。
  4. リポジトリーの作成 ボタンをクリックします。
  5. 名前 フィールドに新しいリポジトリーの名前を入力します。
  6. ラベル フィールドに新しいリポジトリーのラベルを入力します。
  7. タイプ ドロップダウンメニューからリポジトリーのタイプを選択します。
  8. URL フィールドにリポジトリーの URLを入力します。
  9. HTTP での公開 チェックボックスをクリックすることにより、リポジトリーを HTTP 経由で公開するかどうかを選択します。
  10. GPG キー ドロップダウンメニューからリポジトリーの GPG キーを選択します。
  11. 作成 ボタンをクリックして新しいリポジトリーを保存します。
結果:

新しいリポジトリーが製品に追加されます。

14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

4.1.2.3. 製品に対する一括処置の使用

このセクションは、Red Hat Satellite で製品の同期または削除の一括処理を行う方法について説明します。ここで説明される手順では、1 つ以上の製品を利用可能な状態にしておく必要があります。

手順4.5 複数の製品に対する複数タスクの実行:

  1. コンテンツ製品 をクリックします。
  2. 使用する製品のチェックボックスを選択します。
  3. 一括処理 をクリックします。
    • 選択したすべての製品を同期するには、製品の同期 タブをクリックしてから 同期開始 をクリックします。
    • 選択したすべての製品を削除するには、製品の削除 をクリックしてから 削除 をクリックします。
同期プランの更新

複数製品の同期プランを同時に更新することができます。

  • 新規の同期プランを作成するには、同期プランの作成 をクリックします。
  • 選択した製品から同期プランを削除するには、同期プランの割り当て解除 をクリックします。
  • 選択した製品の同期プランを更新するには、同期プランの更新 をクリックします。
14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

4.1.2.4. リポジトリー検出の使用

リポジトリー検出を使用すると、URL 検索により、製品に組み込むリポジトリーを検出できます。

手順4.6 リポジトリー検出の使用

  1. コンテンツ製品 メニューをクリックします。
  2. リポジトリーの検出 ボタンをクリックします。
  3. リポジトリーの置かれている URL を Yum リポジトリーの検出 フィールドに入力します。
  4. 検出 ボタンをクリックします。
  5. URL にあるリポジトリーの一覧が 結果 の下に表示されます。
  6. 製品に追加するリポジトリーの 検出された URL チェックボックスをクリックします。
  7. 選択を作成 ボタンをクリックします。
  8. 既存製品にリポジトリーを追加するか、または製品を新規に作成するかどうかを選択します。
    1. リポジトリーを既存の製品に追加するには、以下を実行します。
      1. 既存の製品: ラジオボタンを選択します。
      2. ドロップダウンメニューから必要な製品を選択します。
    2. 新製品を作成してリポジトリーを追加するには、以下を実行します。
      1. 新製品 ラジオボタンを選択します。
      2. 新製品の 名前 および ラベル を入力し、ドロップダウンメニューから GPG キー を選択します。
  9. リポジトリーを HTTP 経由で提供するには、HTTP 経由のサービス チェックボックスを選択します。
  10. 選択された URL名前 および ラベル を編集します。
  11. 作成 ボタンをクリックします。
結果:

リポジトリーが検出され、製品に追加されます。

14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

4.1.2.5. 製品の削除

このセクションでは、Red Hat Satellite から製品を削除する方法について説明します。

手順4.7 製品を Satellite から削除:

  1. コンテンツ製品 をクリックします。
  2. 削除する製品の横にあるチェックボックスを選択します。
  3. 一括処理 をクリックしてから 製品の削除 をクリックします。
  4. 削除 をクリックして製品を削除することを確認します。
14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

4.1.3. ソースリポジトリーのコンテンツを Red Hat Satellite に同期

同期 とは、使用している Red Hat Satellite リポジトリーとソースリポジトリー間で更新を調整する動作を指します。これは、リポジトリーを有効にした後、Red Hat Satellite にソースリポジトリーのコンテンツを設定するために必要になる手順です。
定期的な同期スケジュールを実行することで以下のような利点を得ることができます。
  • 複数パッケージ間のデータ整合性
  • パッケージ、セキュリティー修正およびエラータの更新
Satellite の同期管理機能を使用することにより、組織の管理者は、ホストでの検索実行頻度や更新のインストール頻度を設定するために同期プランを作成できます。その後、同期プランは製品リポジトリーと組み合わさり、同期スケジュールが作成されます。この同期スケジュールに基づいて、組織のネットワークに適した特定の間隔で製品の更新が実行されます。
14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

4.1.3.1. 同期の状態

重要

リポジトリーを有効にした後に、リポジトリーの手動による同期が必要になります。この時点で Satellite 内のローカルリポジトリーには必要なパッケージが取り込まれます。
以下の手順は、Red Hat Satellite で製品を同期する方法を示しています。

手順4.8 製品の同期

  1. コンテンツ同期の状態 をクリックします。有効にされているサブスクリプションとリポジトリーに基づいて、同期する製品チャンネルの一覧が表示されます。
  2. 製品名の横にある矢印をクリックして使用可能なコンテンツを表示します。
  3. 同期するコンテンツを選択します。
  4. 今すぐ同期 ボタンをクリックして、同期を開始します。同期プロセスの状態が 結果 列に表示されます。同期が成功すると、同期完了結果 列に表示されます。同期が失敗すると、同期エラー! が表示されます。
結果:

製品の同期が行われます。

注記

コンテンツの同期には時間がかかります。同期に要する時間は、ディスクドライブの速度やネットワーク接続のスピード、同期用に選択しているコンテンツのボリュームなどによって異なります。
14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

4.1.3.2. 同期プランの作成

パッケージ間のデータ整合性を維持したり、パッケージを最新のセキュリティー修正で更新された状態にするには、定期的で頻繁な同期が必要です。Red Hat Satellite はスケジュールに基づく同期プランの作成機能を提供し、組織に適した間隔でパッケージを更新できるようにします。

手順4.9 同期プランの作成:

  1. コンテンツ同期プラン をクリックします。
  2. 新しい同期プラン リンクをクリックして新規の同期プランを作成します。
  3. 名前詳細 およびプランの他の詳細情報を入力します。
  4. 保存 をクリックして同期プランを作成します。
14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

4.1.3.3. 同期スケジュールの適用

同期プランを作成した後に同期スケジュールを作成するには、製品とそのプランを関連付ける必要があります。以下の手順は、Red Hat Satellite 6 で同期スケジュールを作成する方法について説明しています。

手順4.10 同期スケジュールの作成:

  1. コンテンツ同期プラン をクリックして、実装する同期プランを選択します。
  2. 同期プランのメインページで 製品追加 をクリックします。
  3. 同期プランに関連付ける製品のチェックボックスを選択します。
  4. 選択を追加 をクリックします。
14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。