第1章 はじめに

Red Hat Satellite 6 は、Red Hat のライフサイクル管理プラットフォームをさらに進化させた製品であり、グローバルエンタープライズ用のシステムおよびコンテンツ管理の専用ツールとして、システム管理者の期待通りの機能を提供します。Satellite 6 は、Satellite 5 のお客様がリクエストされたユースケースに対応するだけでなく、はるかに規模の大きなコンテンツの連合 (フェデレーション)、プロビジョニング時の効果的なシステム管理、およびライフサイクル管理へのよりシンプルなアプローチを実現する機能を提供します。さらに Satellite 6 では、証明書ベースのエンタイトルメントや統合されたサブスクリプション管理への特有のアプローチをさらに進化させています。Satellite 6 は、何年もの間にお客様から寄せられてきたフィードバックを反映し、これまでのバージョンをさらに進化させています。
14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

1.1. Red Hat Satellite 6 のシステムアーキテクチャー

Red Hat Satellite 6 は、以下のアーキテクチャーに配置されている複数のオープンソースプロジェクトをベースとしています。
Red Hat Satellite 6 System Architecture

図1.1 Red Hat Satellite 6 のシステムアーキテクチャー

Foreman
Foreman は、物理システムと仮想システムのプロビジョニングとライフサイクル管理に使用されるオープンソースのアプリケーションです。Foreman は、キックスタートや Puppet モジュールなどの各種の方法を使って、これらのシステムを自動的に設定します。さらに Foreman はレポートや監査、およびトラブルシューティングに使用される履歴データを提供します。
Katello
Katello は、サブスクリプションとリポジトリーを管理するアプリケーションです。Katello は Red Hat リポジトリーをサブスクライブし、コンテンツをダウンロードする手段となります。コンテンツについては、複数の異なるバージョンを作成し、管理することが可能であり、コンテンツのバージョンは、ユーザーが定義するアプリケーションライフサイクルの各ステージ内にある特定のシステムに適用できます。
Candlepin
Candlepin は、サブスクリプションの管理を行う Katello 内のサービスです。
Pulp
Pulp は、リポジトリーおよびコンテンツの管理を行う Katello 内のサービスです。
Hammer
Hammer は、大半の Web UI と同等の機能を持つコマンドラインおよびシェルを提供する CLI ツールです。
REST API
Red Hat Satellite 6 には RESTful API サービスが含まれます。このサービスにより、システム管理者や開発者は カスタムスクリプトや Red Hat Satellite とのインターフェースを取るサードパーティーアプリケーションを作成することができます。
Capsule
Red Hat Satellite Capsule Server は、リポジトリーのストレージ、DNSDHCP および Puppet マスター設定など、Satellite の一部の主要機能のプロキシーとして動作します。各 Satellite Server には統合された Capsule Server の各種サービスが含まれます。
14370%2C+Installation+Guide-6.0-107-10-2014+08%3A54%3A44Red+Hat+Satellite+6Docs+Install+Guideバグを報告する

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。