5.2. 使用例

以下の例では、2012 年 1 月 1 日時点の rhel-i386-server-5 チャンネルを my-clone-RHEL-5 という名前のチャンネルにクローン作成します。
# spacewalk-clone-by-date --username=your_username --password=your_password --server=satellite_server_url --channels=rhel-i386-server-5 my-clone-RHEL-5 --to_date=2012-01-01

重要

クローンされたチャンネル名に空白文字が含まれないようにしてください。
以下の例では、2012 年 1 月1 日またはそれ以前にリリースされたセキュリティ関連のエラータのみをクローン作成し、カーネルの更新や vim の拡張パッケージについてはすべて無視します。また、このコマンドは Satellite 上にてクローン作成プロセスをバックグラウンドで実行します。
# spacewalk-clone-by-date --username=your_username --password=your_password --server=satellite_server_url --channels=rhel-i386-server-5 my-clone-RHEL-5 --to_date=2012-01-01 --security_only --background --blacklist=kernel,vim-extended --assumeyes
選択可能なオプションとそれらの使用方法について詳しくは、spacewalk-clone-by-date の man ページを参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。