1.3. Red Hat Satellite の選択部分のカスタマイズ

Red Hat Satellite web インターフェースの選択部分をカスタマイズできます。これには、ヘッダー、フッター、およびログインページが含まれます。
  1. テキストエディターで Red Hat Satellite の rhn.conf ファイルを開きます。
  2. 必要なコンテンツを追加してファイルを編集します。複数行にまたがるコンテンツを入力するには、新しい行をバックスラッシュでエスケープします。バックスラッシュ自体をエスケープすることができますが HTML はエスケープされません。

    注記

    Red Hat Satelliteは現在、 rhn.conf の UTF-8 エンコーディングをサポートしません。
    • ヘッダーをカスタマイズするには、必要なコンテンツで java.custom_header を編集します。
    • フッターをカスタマイズするには、必要なコンテンツで java.custom_footer を編集します。
    • ログインバナーをカスタマイズするには、必要なコンテキストで java.login_banner を編集します。
  3. Satellite を再起動して変更を有効にします。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。