3.3. 組み込みデータベースを使用する Red Hat Satellite のクローン作成

組み込みデータベースを使用する Red Hat Satellite サーバーのクローンを作成することで、ハードウェアやその他の障害による機能停止を全体的に抑えることができます。1 次サーバーに障害が発生した場合の予備としてクローン作成されたサーバーを準備できます。

手順3.4 組み込みデータベースを使用する Satellite Server のクローン作成

  1. 組み込みデータベースを使用する Red Hat Satellite を、別のマシン上の Red Hat Enterprise Linux のベースインストールにインストールします。つまり、Red Hat Satellite の 1 次サーバーとは異なるマシンにインストールします。SSL 証明書の生成手順は省略します。
  2. 「オフラインバックアップの実行」 の説明どおりにコマンドを使って 1 次サーバーのデータベースを日次でバックアップします。これを行うと、障害が発生した日の変更のみが失われることになります。
  3. バックアップを 2 次サーバーにコピーするメカニズムを構築します。rsync などのファイル転送プログラムを使ってリポジトリーを常に同期します。SAN (Storage Area Network) を使用している場合はコピーは不要です。
  4. db-control restore コマンドを使用して重複するデータをインポートします。
  5. 1 次サーバーに障害が発生した場合、/root/ssl-build 内にある SSL キーペアの RPM パッケージを 1 次サーバーから 2 次サーバーに転送し、そのパッケージをインストールします。これにより、Red Hat Satellite クライアントの 2 次サーバーでの認証および安全な接続が可能になります。
  6. DNS が 2 次サーバーを参照するように更新するか、またはロードバランサーを適切に設定します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。