第7章 クライアントソフトウェアの障害レポート

システムの全般的なレポート作成機能を拡張するには、Red Hat Satellite のソフトウェア障害レポート機能と 自動バグ報告ツール (ABRT) を利用することができます。この拡張機能により、クライアントは ABRT から Satellite サーバーに取り込まれるソフトウェア障害を自動的にレポートし、取り込まれた障害を集中管理された方法によって処理することもできます。これらの障害レポートの処理には、Web UI または API のいずれかを使用することができます。
クライアントシステム上に ABRT 用の Red Hat Satellite ツールをセットアップする方法について詳しくは、『Red Hat Satellite Client Configuration Guide』 を参照してください。

7.1. 単一クライアントのソフトウェア障害の表示

以下の手順は、Satellite の ABRT ツールがインストールされた単一のクライアントシステムのソフトウェア障害レポートを表示する方法になります。

手順7.1 単一クライアントのソフトウェア障害の表示

  1. Red Hat Satellite Web UI にログインします。
  2. 登録済みのシステムで発生したソフトウェア障害の一覧を表示するには、システムsystem_nameソフトウェアソフトウェアのクラッシュ の順にクリックします。
  3. 該当する障害をクリックし、その詳細とソフトウェア障害レポートのためにキャプチャーされたファイルを表示します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。