第8章 Red Hat Satellite レポートの生成

本章では、Red Hat Satellite からレポートを生成する方法を説明します。
Red Hat Satellite には、複数のコマンドラインレポートが含まれます。
  • channel-packages - チャンネル内のパッケージ
  • channels - チャンネルレポート
  • custom-info - システムカスタム情報の表示
  • entitlements - エンタイトルメントとチャンネルの一覧と使用
  • errata-channels - チャンネル内のエラータの一覧
  • errata-list - システムに対するコンプライアンス検査に基づくエラータ情報
  • errata-list-all - 全エラータの一覧
  • errata-systems - 影響を受ける各システムに適用できる各エラータの一覧
  • inactive-systems - Satellite 内の休止中のシステム
  • inventory - インベントリレポート
  • kickstartable-trees - キックスタート可能なツリーの一覧
  • packages-updates-all - アップグレード可能なパッケージの一覧
  • packages-updates-newest - アップグレード可能なパッケージの一覧
  • scap-scan - OpenSCAP xccdf の評価の結果
  • scap-scan-results - OpenSCAP xccdf の評価の結果
  • system-crash-count - システムのクラッシュ数
  • system-crash-details - システムのクラッシュの詳細
  • system-currency - システムの状態の一覧
  • system-groups - Satellite 内のシステムグループ
  • system-groups-keys - システムグループのアクティベーションキー
  • system-groups-systems - システムグループ内のシステム
  • system-groups-users - システムグループのユーザーレポート
  • system-history - システムのイベント履歴
  • system-history-channels - チャンネルのイベント履歴
  • system-history-configuration - 設定のイベント履歴
  • system-history-entitlements - システムのエンタイトルメントに関するイベント履歴
  • system-history-errata - エラータに関するイベント履歴
  • system-history-kickstart - キックスタートに関するイベント履歴
  • system-history-packages - パッケージに関連するイベント履歴
  • system-history-scap - OpenSCAP に関するイベント履歴
  • system-packages-installed - システムにインストールされたパッケージ
  • users - システム内のユーザー
  • users-systems - 個別ユーザーが管理するシステム
レポートを生成するには、以下のように spacewalk-report コマンドを使用します。
# spacewalk-report report-name
このコマンドは、コンマで区切った値 (CSV) の出力として、選択したレポートを生成します。

注記

Satellite のロギング機能は、Satellite バージョン 5.6 以上のフレッシュインストールではデフォルトで追加されます。Satellite が 5.6 未満のバージョンからアップグレードされた場合、ロギング機能はアップグレードの時点で有効化され、その時点からすべてのイベントが監査されます。
そのため、アップグレード以前に作成されたすべてのユーザーは、アップグレードの時点からログに記録されます。過去のユーザー作成や過去のイベントはログに記録されませんが、今後のイベントはすべてログに記録されます。
追加情報を取得するには、-h オプションを使って spacewalk-report コマンドを実行します。