第5章 ソフトウェアチャンネルおよびエラータのクローン作成

spacewalk-clone-by-date コマンドを使用すると、Red Hat Enterprise Linux システムに対してエラータが利用可能になった日付でカスタムの Red Hat Enterprise Linux チャンネルのクローンを作成することができるようになります。

5.1. 特長

spacewalk-clone-by-date で利用できる機能を以下に示します。
  • 特定の日付のチャンネルのエラータと関連するパッケージの状態のクローンを作成する
  • スクリプトとテンプレートファイルでクローン作成を自動化する
  • チャンネルからパッケージを削除するか、またはパッケージをブロックする
  • 親チャンネルと子チャンネル内のパッケージの依存関係を解決する
  • 特定のエラータのみをフィルターおよび対応し、他のエラータは無視する (たとえば、セキュリティーエラータのみに対応し、バグ修正や強化機能は無視)

注記

spacewalk-clone-by-date コマンドは root ユーザー で実行する必要があります。また、username は組織管理者か、またはチャンネル管理者のいずれかにしてください。

重要

Use of spacewalk-clone-by-date is limited to Red Hat Enterprise Linux 5 and higher versions because spacewalk-clone-by-date uses yum metadata to complete dependency resolution.