第2章 Red Hat Satellite Server リポジトリーの自動同期

Red Hat Satellite サーバーリポジトリーを Red Hat Content Delivery Network (CDN) と手動で同期するのは難しいことがあります。最良のパフォーマンスを実現するために、同期を自動化して、ピークを避けた時間帯を指定し、同期が無作為に発生するようにすることができます。cron ユーティリティーを使用すると効果的に同期を自動化できます。

手順2.1 cron ユーティリティーを使用した同期の自動化

  1. root ユーザーに切り替え、次のコマンドを実行して、テキストエディターで crontab を開きます。
    # crontab -e
  2. 適切なジョブ定義を作成して同期のスケジュールを設定します。ランダムな同期時間を作成する場合は以下のエントリーを使用します。
    0 1 * * * perl -le 'sleep rand 9000' && cdn-sync --email >/dev/null 2>1
    このエントリーは、01:00 から 03:30 の間に同期ジョブをランダムに実行し、cron ユーティリティーから stdout および stderr メッセージを破棄します。これは、cdn-sync コマンドからのメッセージが重複しないようにします。他のオプションも必要に応じて追加することができます。詳細は、crontab man ページの man crontab を参照してください。
  3. テキストエディターを終了するだけで更新された crontab ファイルは保存されます。追加した新しいルールは直ちに反映されます。

注記

デフォルトでは crontab ファイルは vi で開かれます。この動作を変更するには、EDITOR の変数を希望するテキストエディターの名前に変更します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。