Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Satellite

1.2. システムの概要

Red Hat Satellite は、以下のコンポーネントで構成されています。
Red Hat Satellite Core
コアシステムで、クライアントシステム上で実行する Red Hat Update Agent のエントリーポイントになります。また、Red Hat Satellite には XML-RPC リクエストを処理する Apache HTTP Server も同梱されています。
Red Hat Satellite の Web インターフェース
高度なシステム、システムグループ、ユーザー、およびチャンネル管理用のユーザーインターフェースです。Red Hat Satellite Web インターフェースへのアクセスは、ローカルエリアネットワークおよびインターネット (オプション) 経由で設定します。Red Hat Satellite は Red Hat カスタマーポータル Web サイトと同様のインターフェースを提供し、クライアントシステム、システムグループおよびユーザーの完全な制御を可能にします。
データベース
Red Hat Satellite では以下のいずれかのデータベースタイプを使用します。
  • 組み込みデータベース: データベースは Red Hat Satellite に同梱され、インストール中に Satellite と同じマシン上にインストールされます。同梱されているデータベースは PostgreSQL です。
  • 管理データベース: データベースは Red Hat Satellite に同梱され、インストール中に Satellite とは別個のマシン上にインストールされます。同梱されているデータベースは PostgreSQL です。
  • 外部データベース: 組織の既存のデータベース、またより望ましいのは別個のマシンに含まれるデータベースです。Red Hat Satellite はこのタイプのデータベースインストールで、PostgreSQL、Oracle Database 12c (Standard または Enterprise Edition)、Oracle Database 11g (Standard または Enterprise Edition)、または Oracle Database 10g Release 2 (Standard または Enterprise Edition) をサポートします。
RPM リポジトリー
Red Hat RPM パッケージ、および組織ごとに識別されるカスタム RPM パッケージのパッケージリポジトリーです。
管理ツール
Red Hat Satellite 管理ツールは、データベースとパッケージリポジトリーを Red Hat コンテンツ配信ネットワークと同期します。また Red Hat Satellite には、以下のことを目的とする管理ツールも含まれています。
  • データベースとファイルシステムの同期
  • カスタム RPM とリポジトリーのインポート
  • チャンネルのメンテナンス (Web ベース)
  • エラータの管理 (Web ベース)
  • ユーザーの管理 (Web ベース)
  • クライアントシステムおよびシステムのグループ化 (Web ベース)
Red Hat Update Agent
Red Hat Update Agent は、クライアントシステム上で組織内部の Red Hat Satellite から更新を取得します。システム管理者は、Red Hat Satellite Web インターフェースでこのアクションのスケジュールも行います。
クライアントが更新を要求すると、組織内部の Red Hat Satelllite はデータベースに問い合わせ、クライアントシステムを認証し、更新パッケージを識別し、要求された RPM を返します。またクライアントは、設定されている場合はそのパッケージのインストールも実行します。クライアントシステムは、更新されたパッケージプロファイルを Red Hat Satellite 上のデータベースに送信します。

重要

Red Hat は適切な接続性を確保するため、Red Hat Satellite に接続されているクライアントで Red Hat Enterprise Linux の最新の更新を実行することを強く推奨します。
Red Hat Satellite Proxy Server
Red Hat Satellite と Red Hat Satellite Proxy Server を併用すると、分散型で自己完結型の Satellite 環境を作成することができます。たとえば、組織で 1 つの Red Hat Satellite を安全な場所で維持し、近くの システム群がローカルネットワークアクセスでこれに接続することができます。他のリモートオフィスは、Satellite サーバーに接続される Satellite Proxy Server を維持します。この組織内の異なる場所ではネットワーク型の接続が必要になりますが、これはプライベートネットワークで十分であり、どのシステムもインターネット接続は必要としません。Satellite Proxy のインストールと設定に関する詳細情報は、『『Red Hat Satellite Proxy インストールガイド』』を参照してください。
Red Hat Satellite と Red Hat Satellite Proxy サーバーの併用

図1.1 Red Hat Satellite と Red Hat Satellite Proxy サーバーの併用