Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Satellite

1.4. 手順の要約

Red Hat Satellite を機能的に運用するには、ソフトウェアやデータベースのインストールの他にも必要な事項がいくつかあります。クライアントシステムには Red Hat Satellite を使用する設定が必要になります。カスタムパッケージを収納するカスタムチャンネルの作成も推奨されます。ただし、こうした作業は基本的なインストールの範囲を超えてしまうので、『Red Hat Satellite』 の他のガイドで詳しく説明されています。
本セクションでは、評価からカスタムパッケージのデプロイまで、必要とされる全手順および推奨される手順の一覧を提供します。作業は以下の順序で行ってください。
  1. Red Hat Satellite の取得

    1. 評価後に Red Hat のセールス担当者にご連絡いただき、Red Hat Satellite を購入します。
    2. 営業担当者から Red Hat カスタマーポータルのログイン情報を受け取ります。
    3. Red Hat カスタマーポータルサイト (access.redhat.com) にログインし、Red Hat Enterprise Linux および Red Hat Satellite の配信用 ISO をダウンロードします。 ISO は Downloads (ダウンロード) Red Hat Enterprise LinuxDownloads (ダウンロード)Red Hat SatelliteProduct Downloads (製品ダウンロード) ページにあります。
    4. (オプション) カスタマーポータルサイトにログインしている状態で、Red Hat Satellite で使用するチャンネルコンテンツ ISO をダウンロードします。この ISO も Downloads (ダウンロード)Red Hat Enterprise LinuxDownloads (ダウンロード)Product Downloads (製品ダウンロード) ページで取得できます。 チャンネルコンテンツ ISO には Red Hat Satellite によるパッケージの解析および処理の際に必要となるメタデータが含まれるため、チャンネルコンテンツ ISO は上記のディストリビューション ISO とは異なります。
  2. Red Hat Satellite のインストール準備

    1. ソフトウェア、ハードウェア、標準データベースの各要件を確認します。これらについては、2章要件 を参照してください。
    2. Satellite サーバーをアクティベートするためのマニフェストを作成し、ダウンロードします。
  3. Red Hat Satellite のインストール

    1. 組み込みデータベース の Red Hat Satellite をインストールする場合は、「シナリオ 1: 組み込みデータベースを使用する Satellite のインストール」 のシナリオを使用します。
    2. 管理データベース の Red Hat Satellite をインストールする場合は、「シナリオ 2: 管理データベースを使用する Satellite のインストール」 のシナリオを使用します。
    3. 外部データベース の Red Hat Satellite をインストールする場合は、「シナリオ 3: 外部データベースを使用する Satellite のインストール」 のシナリオを使用します。
  4. 初めての使用

    1. Web ブラウザーで Red Hat Satellite の Web インターフェースを開き、最初のユーザーアカウントを作成します。このユーザーが管理者アカウントになります (組織管理者)。
    2. インストール後の手順を実行して Red Hat Satellite を完了します。
    3. Red Hat Satellite CDN Synchronization Tool を使用してチャンネルと関連パッケージを Red Hat Satellite にインポートします。