第1章 Red Hat Satellite について

Red Hat Satellite は、サーバーやクライアントシステムが公開インターネットにアクセスすることなく、Red Hat Network の利点を組織に提供することができます。Red Hat Satellite には、以下のような利点があります。
  • 独自のネットワーク内で、パッケージ管理やサーバーのメンテナンスにおけるプライバシーと完全なコントロールを保つことができます。
  • Satellite サーバーにシステムプロファイルを保存し、このサーバーがローカルの Web サーバーを利用して Red Hat Network web サイトに接続できます。
  • エラータ更新などパッケージ管理作業をローカルエリアネットワーク (LAN) で実施できます。
このため、Red Hat Network をご利用のお客様には、サーバーの安全性を確保しながら最新の状態を保てるよう最大限の柔軟性と機能が提供されます。

1.1. Red Hat Satellite API

Red Hat Satellite は API を提供し、これにより、ソフトウェア開発者やシステム管理者は、標準の Web やコマンドラインインターフェース以外で Satellite サーバーを制御できます。この API は、Red Hat Satellite の機能と、XML リモート プロシージャ コール (RPC) プロトコルや XML-RPC で API にアクセスする外部アプリケーションやカスタムスクリプトと統合することを目指している開発者や管理者には有用です。
本ガイドでは、開発者および管理者を対象に、XML-RPM プロトコルによる Red Hat Satellite の機能の利用方法の手順と実例を記載しています。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。