38.7. listSnapshots

名前
listSnapshots
説明
指定したシステムのスナップショットを一覧表示します。表示するスナップショットを限定するには、オプションで開始日および終了日を指定することもできます。例を示します。
  • startDate のみを指定した場合は、その日付移行に作成されたすべてのスナップショットが返されます。
  • startDate と endDate を指定した場合は、その日付の間の期間に作成されたすべてのスナップショットが返されます。
  • startDate と endDate が指定されない場合は、サーバーに関連付けられているすべてのスナップショットが返されます。
利用可能バージョン: 10.1 以降
パラメーター
  • string sessionKey
  • int serverId
  • struct - date details
    • dateTime.iso8601 startDate - endDate が指定される場合を除いてオプションになります。
    • dateTime.iso8601 endDate - オプション
戻り値
  • array:
    • struct - server snapshot
      • int id
      • string reason - スナップショットが存在する理由
      • dateTime.iso8601 created
      • array channels
        • string - スナップショットに関連付けられているチャンネルのラベル
      • array groups
        • string - スナップショットに関連付けられているサーバーグループの名前
      • array entitlements
        • string - スナップショットに関連付けられているシステムエンタイトルメントの名前
      • array config_channels
        • string - スナップショットに関連付けられている設定チャンネルのラベル
      • array tags
        • string - スナップショットに関連付けられているタグ名
      • string Invalid_reason - スナップショットが無効の場合は、これが理由です (オプション)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。