34.78. listSystemEvents

名前
listSystemEvents
説明
指定したサーバーの特定タイプのシステムイベントを一覧表示します。"actionType" は、listSystemEvents(sessionKey, serverId) メソッドで返される action_type フィールドの文字列と同じものである必要があります。たとえば、「Package Install」や「Initiate a kickstart for a virtual guest」のようになります。
利用可能バージョン: 10.8 以降
パラメーター
  • string sessionKey
  • int serverId - システム ID
  • string actionType - アクションのタイプ
戻り値
  • array:
    • struct - action
      • int failed_count - アクションの失敗回数
      • string modified - 修正日時 (modified_date に置換される予定)
      • dateTime.iso8601 modified_date - 修正日時
      • string created - 作成日時 (created_date に置換される予定)
      • dateTime.iso8601 created_date - 作成日時
      • string action_type
      • int successful_count - アクションの成功回数
      • string earliest_action - アクションが予定される日時で最も早いもの
      • int archived - アクションが達成されたかどうか (1 または 0)
      • string scheduler_user - 具体的なユーザーがこのアクションをスケジュールした場合にのみ、利用可能
      • string prerequisite - 前提条件のアクション (オプション)
      • string name - アクション名
      • int id - アクション ID
      • string version - アクションのバージョン
      • string completion_time - イベントの完了日時。 フォーマットは ->YYYY-MM-dd hh:mm:ss.ms Eg ->2007-06-04 13:58:13.0。 (オプション) (completed_date で置換される予定)
      • dateTime.iso8601 completed_date - イベントの完了日時 (オプション)
      • string pickup_time - アクションのピックアップ日時。 フォーマットは ->YYYY-MM-dd hh:mm:ss.ms Eg ->2007-06-04 13:58:13.0。 (オプション) (pickup_date で置換される予定)
      • dateTime.iso8601 pickup_date - アクションのピックアップ日時 (オプション)
      • string result_msg - クライアントマシンでアクションが実行された後の結果文字列 (オプション)
      • array additional_info - このアレイには、利用可能な場合にイベントの追加情報が含まれます。
        • struct - info
          • string detail - 提供される詳細は、特定のイベントに依存します。たとえば、パッケージイベントの場合はパッケージ名となり、エラーイベントの場合はアドバイザリー名および概要となり、設定ファイルイベントの場合はパスおよびオプションで改訂履歴となります。
          • string result - 結果 (含まれる場合) は特定のイベントに依存します。たとえば、パッケージもしくはエラータイベントの場合は結果は含まれません。設定ファイルイベントの場合は結果にエラーが含まれたり (ファイルが見つからないなど、エラーが発生した場合)、設定ファイルの比較の場合は見つかった差異が含まれることがあります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。