第33章 sync.slave

概要

ISS のマスター側で使用する、許可済みスレーブについての情報を設定するメソッドが含まれます。

33.1. create

名前
create
説明
マスターが認識している新規スレーブを作成します。
パラメーター
  • string sessionKey
  • string slave - スレーブの完全修飾ドメイン名
  • boolean enabled - このスレーブからの通信を許可するかどうか
  • boolean allowAllOrgs - このスレーブに全組織をエクスポートするかどうか
戻り値
  • struct - IssSlave info
    • int id
    • string slave
    • boolean enabled
    • boolean allowAllOrgs

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。