23.24. setCrashReporting

名前
setCrashReporting
説明
指定した組織のクラッシュレポート設定のステータスを設定します。クラッシュレポートを無効にすると、自動でクラッシュファイルのアップロードが無効になります。
パラメーター
  • string sessionKey
  • int orgId
  • boolean enable - true/false で有効/無効にする
戻り値
  • int - 成功の場合は 1。それ以外は exception thrown

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。