19.19. setRegistrationType

名前
setRegistrationType
説明
指定したキックスタートプロファイルの登録タイプを設定します。登録タイプは、reactivation、deletion、none のいずれかです。これらのタイプは、このプロファイルを使用する際の再登録動作を決定します。
パラメーター
  • string sessionKey
  • string kickstartLabel
  • string registrationType
    • reactivation - 再アクティベーションキーの生成を試行し、システムの再プロビジョニング時にそれを使ってシステムを登録します。
    • deletion - 既存のシステムプロファイルの削除を試行し、再プロビジョニングされたシステムを新規システムとして再登録します。
    • none - 現状を保存し、現行システムを再プロビジョニング上に複製として残します。
戻り値
  • int - 成功の場合は 1。それ以外は exception thrown

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。