13.21. setDetails

名前
setDetails
説明
エラータの詳細を設定します。引数はすべてオプションで、struct に含まれている場合にのみ、修正されます。このメソッドでは、UI または API で作成されたカスタムエラータの修正のみが可能です。
パラメーター
  • string sessionKey
  • string advisoryName
  • struct - errata details
    • string synopsis
    • string advisory_name
    • int advisory_release
    • string advisory_type - アドバイザリーのタイプ ('Security Advisory'、'Product Enhancement Advisory'、'Bug Fix Advisory' のいずれか)
    • string product
    • dateTime.iso8601 issue_date
    • dateTime.iso8601 update_date
    • string errataFrom
    • string topic
    • string description
    • string references
    • string notes
    • string solution
    • array bugs - 'bugs' は struct へのキー
    • array:
      • struct - bug
        • int id - Bug Id
        • string summary
        • string url
    • array keywords - 'keywords' は struct へのキー
    • array:
      • string - keyword - エラータに関連付けるキーワード一覧
    • array CVEs - 'cves' は struct へのキー
    • array:
      • string - cves - エラータに関連付ける CVE 一覧 (公開済みエラータのみ有効)
戻り値
  • int - 成功の場合は 1。それ以外は exception thrown

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。