13.3. bugzillaFixes

名前
bugzillaFixes
説明
指定された advisoryName に一致するエラータの Bugzilla 修正を取得します。バグは struct で返され、バグ ID が以下のようにキーになります。例: 208144="errata.bugzillaFixes Method Returns different results than docs say"
パラメーター
  • string sessionKey
  • string advisoryName
戻り値
  • struct - Bugzilla info
    • string bugzilla_id - 実際のバグ番号が struct のキーになります。
    • string bug_summary - キーがバグ ID となる概要

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。