10.41. listErrataNeedingSync

名前
listErrataNeedingSync
説明
新規チャンネルを satellite と同期すると、新たに同期されたチャンネルにあるパッケージで Red Hat Errata が更新されます。ただし、クローンされたエラータは自動的に更新されません。クローンされたエラータを含むチャンネルをクローンしていて、新規パッケージを含める必要がある場合でも、それらは含まれません。このメソッドは、syncErrata メソッドを実行した場合に更新されるエラータを一覧表示します。
パラメーター
  • string sessionKey
  • string channelLabel - 更新するチャンネル
戻り値
  • array:
    • struct - errata
      • int id - エラータ ID
      • string date - エラータの作成日
      • string update_date - エラータの更新日
      • string advisory_synopsis - エラータの概要
      • string advisory_type - セキュリティーやバグ修正などのタイプのラベル
      • string advisory_name - RHSA などの名前

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。