4.9. create

名前
create
説明
新規アクティベーションキーを作成します。渡されるアクティベーションキーパラメーターには組織 ID の接頭辞が付けられ、この値は create コールで返されます。たとえば、呼び出し元がキー "foo" を渡して、ID が 100 の組織に所属している場合、実際のアクティベーションキーは "100-foo" になります。このコールでは、このアクティベーションキーの使用制限を設定できます。無制限の使用が望ましい場合は、使用制限引数なしの同様の名前の API メソッドを参照してください。
パラメーター
  • string sessionKey
  • string key - 新規キーを自動生成するために空にしておきます。
  • string description
  • string baseChannelLabel - デフォルトを受け付けるために空にしておきます。
  • int usageLimit - 無制限の使用が望ましい場合は、パラメーターを含まない create API を使用します。
  • array string - キーに関連付けるアドオンエンタイトルメントのラベル。
      • provisioning_entitled
      • virtualization_host
      • virtualization_host_platform
  • boolean universalDefault
戻り値
  • string - 新規アクティベーションキー。