Menu Close

第10章 リポジトリーのミラーリング

10.1. リポジトリーのミラーリング

Red Hat Quay リポジトリーミラーリングを使用すると、外部コンテナーレジストリー (または別のローカルレジストリー) から Red Hat Quay クラスターにイメージをミラーリングできます。リポジトリーミラーリングを使用すると、リポジトリー名とタグに基づいてイメージを Red Hat Quay に同期できます。

リポジトリーミラーリングが有効にされた Red Hat Quay クラスターから、以下を実行できます。

  • 外部のレジストリからミラーリングするリポジトリを選択
  • 外部レジストリーにアクセスするための認証情報を追加する。
  • 同期する特定のコンテナーイメージリポジトリー名とタグを特定する。
  • リポジトリーが同期される間隔を設定する。
  • 同期の現在の状態を確認する。

ミラーリング機能を使用するには、以下を行う必要があります。

  • Red Hat Quay 設定でリポジトリーのミラーリングを有効にします。
  • リポジトリーミラーリングワーカーを実行します。
  • ミラーリングされたリポジトリーを作成します。

すべてのリポジトリーミラーリング設定は、設定ツール UI または Red Hat Quay API を使用して実行できます。