はじめに

Red Hat Quay レジストリーをデプロイメントした後、そのデプロイメントをさらに設定、管理する方法は数多くあります。ここでは、以下のようなトピックを取り上げています。

  • Red Hat Quay の高度な設定
  • Red Hat Quay の新リリースを知らせる通知の設定
  • SSL/TLS 証明書による接続の保護
  • アクションログのストレージの Elasticsearch へのダイレクト
  • Clair によるイメージセキュリティースキャンの設定
  • コンテナーセキュリティー Operator での Pod イメージのスキャン
  • Quay Bridge Operator を使用した OpenShift Container Platform の Red Hat Quay への統合
  • リポジトリーミラーリングによるイメージの反映
  • BitTorrent サービスによる Red Hat Quay イメージの共有
  • LDAP によるユーザーの認証
  • Prometheus および Grafana メトリックの Quay の有効化
  • Geo レプリケーションの設定
  • Red Hat Quay のトラブルシューティング

Red Hat Quay 設定フィールドの完全なリストは、Red Hat Quay の設定 ページを参照してください。