21.2. Red Hat Quay ヘルスチェックエンドポイントへの移動

次の手順を使用して、instance のエンドポイントに移動します。この手順は、endtoend および warning エンドポイントに対して繰り返すことができます。

手順

  1. Web ブラウザーで、https://{quay-ip-endpoint}/health/instance に移動します。
  2. ヘルスインスタンスページが表示され、以下のような情報が返されます。

    {"data":{"services":{"auth":true,"database":true,"disk_space":true,"registry_gunicorn":true,"service_key":true,"web_gunicorn":true}},"status_code":200}

    Red Hat Quay の場合、status_code: 200 はインスタンスが正常であることを意味します。逆に、"status_code": 503 を受け取った場合は、デプロイメントに問題があります。