15.3. Geo レプリケーションのための複合ストレージ

Red Hat Quay の Geo レプリケーションは、異なる複数のレプリケーションターゲットの使用をサポートしています。たとえば、パブリッククラウドの AWS S3 ストレージとオンプレミスの Ceph ストレージを使用します。これは、すべての Red Hat Quay Pod とクラスターノードからすべてのストレージバックエンドへのアクセスを許可するという重要な要件を複雑にします。そのため、以下を使用することを推奨します。

  • 内部ストレージの可視性を防ぐための VPN、または
  • Red Hat Quay が使用する特定のバケットへのアクセスのみを許可するトークンペア

これにより、Red Hat Quay のパブリッククラウドインスタンスがオンプレミスのストレージにアクセスできるようになりますが、ネットワークは暗号化され、保護され、ACL を使用するため、セキュリティー要件が満たされます。

これらのセキュリティー対策を実施できない場合は、2 つの異なる Red Hat Quay レジストリーをデプロイし、Geo レプリケーションの代わりにリポジトリーミラーリングを使用することが推奨されます。