19.4. ガベージコレクションとクォータ管理

Red Hat Quay は、3.7 でクォータ管理を導入しました。クォータ管理により、ユーザーは、設定されたストレージクォータ制限を確立することにより、ストレージ消費を報告し、レジストリーの増加を抑えることができます。

Red Hat Quay 3.7 以降、ガベージコレクションは、削除後にイメージ、リポジトリー、および BLOB に割り当てられたメモリーを再利用します。ガベージコレクション機能は削除後にメモリーを再利用するため、環境のディスクスペースに格納されているものと、クォータ管理が総消費量としてレポートしているものとの間に不一致があります。現在、この問題に対する回避策はありません。