19.2. ガベージコレクション設定フィールド

次の設定フィールドを使用して、ガベージコレクションの内容、およびガベージコレクションが発生する頻度をカスタマイズできます。

名前説明スキーマ

FEATURE_GARBAGE_COLLECTION

イメージタグに対してガベージコレクションが有効になっているかどうか。デフォルトは true です。

Boolean

FEATURE_NAMESPACE_GARBAGE_COLLECTION

namespace に対してガベージコレクションが有効になっているかどうか。デフォルトは true です。

Boolean

FEATURE_REPOSITORY_GARBAGE_COLLECTION

リポジトリーでガベージコレクションが有効になっているかどうか。デフォルトは true です。

Boolean

GARBAGE_COLLECTION_FREQUENCY

ガベージコレクションワーカーが実行される頻度 (秒単位)。ガベージコレクションワーカーにのみ影響します。デフォルトは 30 秒です。

String

PUSH_TEMP_TAG_EXPIRATION_SEC

アップロード後にブロブがガベージコレクションされない秒数。この機能は、ガベージコレクションがまだ参照されていないが進行中のプッシュの一部として使用されている blob をクリーンアップするのを防ぎます。

String

TAG_EXPIRATION_OPTIONS

有効なタグの有効期限の値のリスト。

String

DEFAULT_TAG_EXPIRATION

タイムマシンの有効期限にタグを付けます。

String

CLEAN_BLOB_UPLOAD_FOLDER

S3 マルチパートアップロードから残った古い BLOB を自動的に消去します。デフォルトでは、2 日以上経過した BLOB ファイルは 1 時間ごとにクリーンアップされます。

Boolean

+ デフォルト: true