13.4. デフォルトのクォータの設定

すべての組織およびユーザーに適用されるシステム全体のデフォルトのストレージクォータを指定するには、DEFAULT_SYSTEM_REJECT_QUOTA_BYTES 設定フラグを使用します。

組織またはユーザーに特定のクォータを設定してから、そのクォータを削除すると、システム全体のデフォルトのクォータが設定されている場合に適用されます。同様に、組織またはユーザーに特定のクォータを設定してから、システム全体のデフォルトクォータを変更した場合、更新されたシステム全体のデフォルトは特定の設定を上書きします。

DEFAULT_SYSTEM_REJECT_QUOTA_BYTES フラグの詳細は、

次のリンクを参照してください。