5.2. Red Hat Quay が Kubernetes にデプロイされている場合のカスタム SSL/TLS 証明書の追加

Kubernetes にデプロイすると、Red Hat Quay は config アセットを保存するボリュームとしてシークレットにマウントします。現在、これによりスーパーユーザーパネルの証明書のアップロード機能が中断されます。

一時的な回避策として、Red Hat Quay の デプロイ後 に、base64 でエンコードされた証明書をシークレットに追加できます。

Red Hat Quay が Kubernetes にデプロイされている場合は、次の手順を使用してカスタム SSL/TLS 証明書を追加します。

前提条件

  • Red Hat Quay がデプロイされている。
  • カスタムの ca.crt ファイルがある。

手順

  1. 次のコマンドを入力して、SSL/TLS 証明書の内容を Base64 でエンコードします。

    $ cat ca.crt | base64 -w 0

    出力例

    ...c1psWGpqeGlPQmNEWkJPMjJ5d0pDemVnR2QNCnRsbW9JdEF4YnFSdVd3PT0KLS0tLS1FTkQgQ0VSVElGSUNBVEUtLS0tLQo=

  2. 次の kubectl コマンドを入力して、quay-enterprise-config-secret ファイルを編集します。

    $ kubectl --namespace quay-enterprise edit secret/quay-enterprise-config-secret
  3. 証明書のエントリーを追加し、base64 でエンコードされた完全なストリンガーをエントリーの下に貼り付けます。以下に例を示します。

      custom-cert.crt:
    c1psWGpqeGlPQmNEWkJPMjJ5d0pDemVnR2QNCnRsbW9JdEF4YnFSdVd3PT0KLS0tLS1FTkQgQ0VSVElGSUNBVEUtLS0tLQo=
  4. kubectl delete コマンドを使用して、すべての Red Hat Quay Pod を削除します。以下に例を示します。

    $ kubectl delete pod quay-operator.v3.7.1-6f9d859bd-p5ftc quayregistry-clair-postgres-7487f5bd86-xnxpr quayregistry-quay-app-upgrade-xq2v6  quayregistry-quay-database-859d5445ff-cqthr quayregistry-quay-redis-84f888776f-hhgms

    その後、Red Hat Quay デプロイメントにより、Pod を新しい証明書データに置き換えるスケジュールが自動的に設定されます。