3.8. 3.1.z から 3.2.2 へのアップグレード

クラスターで Red Hat Quay 3.1.z が稼働しており、クラスターを 3.2.2 にアップグレードするには、クラスター全体をダウンさせ、設定を少し変更してから 3.2.2 バージョンで、起動し直す必要があります。

警告

この手順で DATABASE_SECRET_KEY の値を設定したら、絶対に変更しないでください。変更すると、既存のロボットアカウントや API トークンなどは使用できなくなります。Quay で使用するためには、新しいロボットアカウントと API トークンを作成する必要があります。

  1. Red Hat Quay クラスターの全ホストのサービスを停止します。
  2. データベースの秘密鍵として使用するランダムなデータを生成します。以下に例を示します。

    $ openssl rand -hex 48
    2d023adb9c477305348490aa0fd9c
  3. config.yaml ファイルに新しい DATABASE_SECRET_KEY フィールドを追加します。以下に例を示します。

    DATABASE_SECRET_KEY: "2d023adb9c477305348490aa0fd9c"
    注記

    OpenShift のインストールでは、config.yaml ファイルはシークレットとして保存されます。

  4. Quay コンテナーを 1 つ起動し、3.2.2 への移行を完了します。
  5. 移行が完了したら、すべてのノードで同じ config.yaml が利用可能であることを確認し、それらのノードで新しい quay 3.2.2 サービスを起動します。
  6. quay-builder と Clair の 3.0.z バージョンを起動して、クラスターに戻すコンテナーのインスタンスを置き換えます。

3.8.1. ターゲットイメージ

  • Quay: quay.io/redhat/quay:v3.2.2
  • Clair: quay.io/redhat/clair-jwt:v3.2.2
  • PostgreSQL: rhscl/postgresql-96-rhel7
  • Redis: registry.access.redhat.com/rhscl/redis-32-rhel7