3.10. 2.9.5 から 3.0.5 へのアップグレード

2.9.5 から 3.0.5 へのアップグレードでは、Red Hat Quay がダウンしている状態で全アップグレードを行う (同時アップグレード) か、Red Hat Quay を数分間だけダウンさせて、アップグレードの大部分は Red Hat Quay が稼働している状態で行う (バックグラウンドアップグレード) かを選択できます。

処理する必要のあるタグの数によっては、バックグラウンドアップグレードの実行に時間がかかる場合があります。ただし、合計ダウンタイムは短くなります。バックグラウンドアップグレードの欠点は、アップグレードが完了するまで最新の機能にアクセスできないことです。クラスターは、アップグレードが完了するまで、Quay v3 コンテナーから v2 互換モードで実行されます。

3.10.1. アップグレードの概要

Red Hat Quay 2.y.z クラスターで作業を開始する場合は、以下の手順に従います。最新の Red Hat Quay 3.x バージョンにアップグレードする前に、ここ で説明されているように、まずそのクラスターを 3.0.5 に移行する必要があります。クラスターで 3.0.5 が実行されたら、各マイナーバージョンに順番にアップグレードすることで、最新の 3.x バージョンにアップグレードできます。以下に例を示します。

  1. 3.0.5 → 3.1.3
  2. 3.1.3 → 3.2.2
  3. 3.2.2 → 3.3.4
  4. 3.3.4 → 3.4.z

Red Hat Quay 2.y.z から 3.0 へのアップグレードを開始する前に、次の点に注意してください。

  • 同期アップグレード: 同期アップグレードの場合、小規模なインストールであれば、ダウンタイムの想定時間は合計 1 時間未満となっています。小規模なインストールの場合は、コンテナーイメージのタグが数千以下であると想定してください。このサイズのインストールでは、計画ダウンタイムが 2 時間程度に抑えられるはずです。Red Hat Quay サービス全体がこの期間、停止しているので、何百万ものタグが含まれるレジストリーで同期アップグレードを試行する場合にはダウンタイムが数日間に及ぶ場合があります。
  • バックグラウンドアップグレード: バックグラウンドアップグレード (互換性モードのアップグレードとも呼ばれる) の場合は、シャットダウンが短時間で行われた後に Red Hat Quay クラスターのアップグレードがバックグラウンドで実行されます。大規模な Red Hat Quay レジストリーの場合、これには数週間の時間がかかる可能性がありますが、アップグレード中には、クラスターは引き続き v2 モードで動作します。参考までに、ある Red Hat Quay v3 のアップグレードでは、6 台のマシンで約 3000 万個のタグを処理するのに 4 日かかりました。
  • 完了時に完全な機能: Docker バージョン 2、スキーマ 2 の変更に伴う機能 (異なるアーキテクチャーのコンテナーのサポートなど) にアクセスするには、移行がすべて完了している必要があります。その他の v3 機能は、切り替え後すぐに利用できます。
  • アップグレードの完了: アップグレードが完了したら、新機能が利用可能になるように Red Hat Quay config.yaml ファイルで V3_UPGRADE_MODE: complete を設定する必要があります。すべての新しい Red Hat Quay v3 のインストールには、自動的にこの設定がされています。