2.5.2. アップグレードでサポートされる QuayEcosystem 設定

Quay Operator は、QuayEcosystem コンポーネントの移行に失敗したり、サポートされていない場合、ログや status.conditions にエラーを報告します。管理対象外のすべてのコンポーネントの移行は、Kubernetes リソースを導入する必要はなく、必要なすべての値が Quay の config.yaml にすでに指定されているためです。

データベース

一時データベースはサポートされません (volumeSize フィールドを設定する必要があります)。

Redis

特別な設定は必要ありません。

External Access

パススルー Route アクセスのみが自動移行でサポートされます。他の方法には手動移行が必要です。

  • ホスト名のない LoadBalancer: QuayEcosystem にラベル "quay-operator/migration-complete": "true" が付けられた後、Kubernetes が Service をガベージコレクションしてロードバランサーを削除するのを防ぐため、QuayEcosystem を削除する に、既存の Service から metadata.ownerReferences フィールドを削除します。新規 Servicemetadata.name 形式の <QuayEcosystem-name>-quay-app で作成されます。既存の Servicespec.selector を新しい Servicespec.selector に合わせて編集することで、古いロードバランサーのエンドポイントへのトラフィックが新しい Pod に誘導されるようになります。これで古い Service を管理します。Quay Operator はこれを管理しません。
  • カスタムホスト名を持つ LoadBalancer/NodePort/Ingress: タイプ LoadBalancer の新規 Servicemetadata.name 形式の <QuayEcosystem-name>-quay-app で作成されます。新しい Service が提供する status.loadBalancer エンドポイントを指すように、DNS 設定を変更します。

Clair

特別な設定は必要ありません。

オブジェクトストレージ

QuayEcosystem には管理オブジェクトストレージコンポーネントがないため、オブジェクトストレージには常に管理外のマークが付けられます。ローカルストレージはサポートされません。

リポジトリーのミラーリング

特別な設定は必要ありません。