第2章 リポジトリーへのアクセスの管理

Red Hat Quay ユーザーとして、独自のリポジトリーを作成し、Red Hat Quay インスタンスの他のユーザーがこれにアクセスできるようにします。または、組織を作成して、チームベースでリポジトリーへのアクセスを許可することもできます。ユーザーリポジトリーと組織リポジトリーの両方で、ロボットアカウントに関連付けられた認証情報を作成してこれらのリポジトリーへのアクセスを許可できます。ロボットアカウントを使用すると、クライアントに Red Hat Quay ユーザーアカウントがなくても、各種のコンテナークライアント (docker または podman など) がリポジトリーに簡単にアクセスできます。

2.1. ユーザーリポジトリーへのアクセスの許可

ユーザーの namespace でリポジトリーを作成する場合は、そのリポジトリーへのアクセスをユーザーアカウントに追加したり、ロボットアカウントを使用して追加したりできます。

2.1.1. ユーザーリポジトリーへのユーザーアクセスの許可

ユーザーアカウントに関連付けられたリポジトリーへのアクセスを許可するには、以下を実行します。

  1. Red Hat Quay ユーザーアカウントにログインします。
  2. アクセスを共有するユーザー namespace でリポジトリーを選択します。
  3. 左側の列から「Settings」アイコンをクリックします。
  4. リポジトリーへのアクセスを付与するユーザーの名前を入力します。以下の図のように、ユーザーが入力するユーザー名が表示されます。

    Grant user access to a user repository

  5. パーミッションボックスで、以下のいずれかを選択します。

    • Read (読み取り): ユーザーはリポジトリーを表示し、そこからプルすることができます。
    • Write (書き込み): ユーザーはリポジトリーの表示や、リポジトリーから/へのイメージのプルまたはプッシュを行えます。
    • Admin (管理): リポジトリーに対するすべての管理設定と、読み取りおよび書き込みパーミッションをすべて許可します。
  6. 「Add Permission」ボタンを選択します。ユーザーにパーミッションが割り当てられます。

リポジトリーへのユーザーパーミッションを削除するには、ユーザーエントリーの右側にある「Options」アイコンを選択してから「Delete Permission」を選択します。