7.2. トリガー作成後の設定

トリガーが作成されたら、トリガーを使用する前に 2 つの追加手順が必要 になります。

  • トリガーの作成時に生成される SSH 公開鍵 への読み取りアクセスを提供します。
  • Red Hat Quay エンドポイントに POST する webhook をセットアップして、ビルドをトリガーします。

キーと URL は、どちらもトリガーの一覧にある歯車で「View Credentials」を選択して常に利用できます。 View and modify tags from your repository

7.2.1. SSH 公開鍵のアクセス

Git サーバーの設定に応じて、Red Hat Quay がカスタム git トリガー用に生成する SSH 公開鍵をインストールする各種の方法を使用できます。たとえば、Git ドキュメント では、鍵を $HOME/.ssh/authorize_keys に追加するだけでリポジトリーをクローンするためのビルダーのアクセスが提供される小規模なサーバー設定が説明されています。公式にサポートされない git リポジトリー管理ソフトウェアについては、通常 Deploy Keys というラベルが付けられるキーを入力する場所があります。