5.2. OpenShift の要件

Red Hat Quay ビルドは Kubernetes および OpenShift 4.5 以降でサポートされます。ビルド Pod には kvm 仮想化を実行する機能が必要になるため、ベアメタル (仮想化以外) のワーカーノードが必要です。各ビルドは一時的な仮想マシンで実行され、ビルドの実行中に完全に分離され、セキュリティーが確保されるようにします。さらに、OpenShift クラスターでは、Red Hat Quay ビルドに関連付けられた ServiceAccount が特権付きコンテナーをサポートするのに必要な SecurityContextConstraint で実行されることが許可される必要があります。