1.2. docker または podman でのイメージリポジトリーの作成

適切な認証情報がある場合、イメージを Red Hat Quay インスタンスにまだ存在していないリポジトリーにプッシュすると、イメージをそのリポジトリーにプッシュする際にそのリポジトリーが作成されます。これらの例では、docker コマンドまたは podman コマンドのいずれかが機能します。

  1. イメージにタグ付けします。ローカルシステムの docker または podman で利用できるイメージの場合、新規リポジトリー名とイメージ名を使ってそのイメージにタグ付けします。以下は、イメージを Quay.io または独自の Red Hat Quay 設定にプッシュする例です(例: reg.example.com)。この例では、namespace を Red Hat Quay ユーザー名または組織に置き換え、repo_name を、作成するリポジトリーの名前に置き換えます。

    # sudo podman tag myubi-minimal quay.io/namespace/repo_name
    # sudo podman tag myubi-standard reg.example.com/namespace/repo_name
  2. 適切なレジストリーにプッシュします。以下は例になります。

    # sudo podman push quay.io/namespace/repo_name
    # sudo podman push reg.example.com/namespace/repo_name
注記

アプリケーションリポジトリーを作成するには、コンテナーイメージリポジトリーの作成に使用した同じ手順に従います。