2.3. 組織リポジトリーへのアクセスの許可

組織を作成した後に、リポジトリーのセットをその組織に直接関連付けることができます。その組織のリポジトリーへのアクセスを追加するには、Team (同じパーミッションを持つユーザーセット) と個々のユーザーを追加できます。基本的に、組織にはユーザーと同様のリポジトリーおよびロボットアカウントを作成する機能がありますが、組織はユーザーのグループを (チームまたは個別で)使用して共有リポジトリーを設定することを目的としています。

組織について知っておく必要のあるその他の点

  • 別の組織に組織を作成することはできません。組織を細分化するには、チームを使用します。
  • 組織には、ユーザーを直接含めることはできません。最初にチームを追加してから、各チームにユーザーを追加する必要があります。
  • チームは、リポジトリーおよび関連イメージを使用するメンバーや、組織を管理するための特別な権限を持つ管理者として組織内に設定できます。

2.3.1. チームの組織への追加

所属する組織のチームを作成する場合は、チーム名を選択し、チームが利用できるリポジトリーを選択し、チームのアクセスレベルを決定することができます。

  1. 「Organization」ビューの左側の列で「Teams」および「Membership」アイコンを選択します。組織を作成したユーザーの管理者権限を持つ所有者チームが存在することを確認できます。
  2. 「Create New Team」を選択します。組織に関連付ける新しいチーム名の入力を求めるプロンプトが出されます。チーム名を入力します。これは小文字で開始し、残りは小文字と数字の任意の組み合わせを使用する必要があります (大文字または特殊文字を使用することはできません)。
  3. 「Create team」ボタンを選択します。「Add permissions」ウィンドウが表示され、組織のリポジトリーの一覧が表示されます。
  4. チームがアクセスできる各リポジトリーを確認します。次に、それぞれについて以下の権限のいずれかを選択します。

    • Read: チームメンバーはイメージを表示し、プルできます。
    • Write: チームメンバーはイメージを表示、プルおよびプッシュを実行できます。
    • Admin: チームメンバーには完全な読み取り/書き込み権限があり、リポジトリーに関連する管理タスクを実行できます。
  5. 「Add permissions」を選択して、チームのリポジトリーパーミッションを保存します。