12.4.2. API を使用したスーパーユーザーの作成

  • 『Quay のデプロイ』で説明されているようにスーパーユーザーの名前を設定します。

    • 設定エディターの UI を使用します。または以下を実行します。
    • 設定 API を使用して更新された設定バンドルを検証(およびダウンロード)するオプションで、config.yaml ファイルを直接編集します。
  • スーパーユーザー名のユーザーアカウントを作成します。

    • 上記のように認証トークンを取得し、curl を使用してユーザーを作成します。

      $ curl -H "Content-Type: application/json"  -H "Authorization: Bearer Fava2kV9C92p1eXnMawBZx9vTqVnksvwNm0ckFKZ" -X POST --data '{
       "username": "quaysuper",
       "email": "quaysuper@example.com"
      }'  http://quay-server:8080/api/v1/superuser/users/ | jq
    • 返されるコンテンツには、新規ユーザーアカウント用に生成されたパスワードが含まれます。

      {
        "username": "quaysuper",
        "email": "quaysuper@example.com",
        "password": "EH67NB3Y6PTBED8H0HC6UVHGGGA3ODSE",
        "encrypted_password": "fn37AZAUQH0PTsU+vlO9lS0QxPW9A/boXL4ovZjIFtlUPrBz9i4j9UDOqMjuxQ/0HTfy38goKEpG8zYXVeQh3lOFzuOjSvKic2Vq7xdtQsU="
      }

ユーザーの一覧を要求すると、quaysuper がスーパーユーザーとして表示されるようになりました。

$ curl -X GET -H "Authorization: Bearer mFCdgS7SAIoMcnTsHCGx23vcNsTgziAa4CmmHIsg" http://quay-server:8080/api/v1/superuser/users/ | jq

{
  "users": [
  {
      "kind": "user",
      "name": "quayadmin",
      "username": "quayadmin",
      "email": "quayadmin@example.com",
      "verified": true,
      "avatar": {
        "name": "quayadmin",
        "hash": "357a20e8c56e69d6f9734d23ef9517e8",
        "color": "#5254a3",
        "kind": "user"
      },
      "super_user": true,
      "enabled": true
    },
    {
      "kind": "user",
      "name": "quaysuper",
      "username": "quaysuper",
      "email": "quaysuper@example.com",
      "verified": true,
      "avatar": {
        "name": "quaysuper",
        "hash": "c0e0f155afcef68e58a42243b153df08",
        "color": "#969696",
        "kind": "user"
      },
      "super_user": true,
      "enabled": true
    }
  ]
}