Menu Close

第1章 OpenShift での Red Hat Quay の前提条件

以下に、OpenShift デプロイメントで Red Hat Quay Operator を開始する前に知っておく必要があるいくつかの点を示します。

  • OpenShift クラスター: Red Hat Quay Operator をデプロイする OpenShift 4.5 以降のクラスターへの特権付きアカウントが必要です。そのアカウントでは、namespace をクラスタースコープで作成できる必要があります。
  • リソース要件: 各 Red Hat Quay アプリケーション Pod には、以下のリソース要件があります。

    • 8Gi のメモリー
    • 2000 ミリコアの CPU

Red Hat Quay Operator は、管理する Red Hat Quay デプロイメントごとに少なくとも 1 つのアプリケーション Pod を作成します。OpenShift クラスターにこれらの要件に必要なコンピュートリソースがあることを確認します。

  • オブジェクトストレージ: デフォルトで、Red Hat Quay Operator は ObjectBucketClaim Kubernetes API を使用してオブジェクトストレージをプロビジョニングします。この API を消費すると、ベンダー固有の実装から Operator を分離することができます。OpenShift Container Storage は、この例で使用される NooBaa コンポーネントを介してこの API を提供します。それ以外の場合、Red Hat Quay は以下のサポートされるクラウドストレージオプションのいずれかを使用するように手動で設定できます。

    • Amazon S3(Red Hat Quay の S3 バケットポリシーの設定に関する詳細は、「S3 IAM バケットポリシー」を参照してください)
    • Azure Blob Storage
    • Google Cloud Storage
    • Ceph Object Gateway (RADOS)
    • OpenStack Swift
    • CloudFront + S3