Menu Close

第5章 Quay Operator を使用した Quay のアップグレード

Quay Operator は 同期されたバージョン管理 スキームに従います。つまり、Operator のそれぞれのバージョンは Quay とその管理するコンポーネントに関連付けられます。QuayRegistry カスタムリソースには、デプロイする Quay のバージョンを設定するフィールドはありません。Operator は単一バージョンのすべてのコンポーネントをデプロイする方法のみを認識します。このスキームは、すべてのコンポーネントが適切に機能するように、また Kubernetes 上の複数バージョンの Quay のライフサイクルを管理する方法に関する Operator の複雑さを軽減するために選択されています。

5.1. Operator Lifecycle Manager

Quay Operator は Operator Lifecycle Manager (OLM) を使用してインストールし、アップグレードする必要があります。デフォルトの approvalStrategy: AutomaticSubscription を作成する場合、OLM は新規バージョンが利用可能になると常に Quay Operator を自動的にアップグレードします。

警告

Quay Operator が Operator Lifecycle Manager でインストールされる場合、自動または手動アップグレードをサポートするように設定できます。このオプションは、インストール時に Quay Operator の Operator Hub ページに表示されます。また、これは approvalStrategy フィールドで Quay Operator Subscription オブジェクトを参照して見つけることもできます。Automatic を選択すると、新規 Operator バージョンがリリースされるたびに Quay Operator が自動的にアップグレードされます。この動作が望ましくない場合には、Manual 承認ストラテジーを選択する必要があります。