Menu Close

5.3. QuayRegistry のアップグレード

Quay Operator が起動すると、これは監視できるように設定された namespace で検索可能な QuayRegistries をすぐに検索します。これが検索されると、以下のロジックが使用されます。

  • status.currentVersion が設定されていない場合は、調整が通常の方法で行われます。
  • status.currentVersion が Operator バージョンと等しい場合、調整が通常の方法で行われます。
  • status.currentVersion が Operator バージョンと等しくない場合、これがアップグレード可能かどうかを確認します。可能な場合は、アップグレードタスクを実行し、完了後に status.currentVersion を Operator のバージョンに設定します。アップグレードできない場合は、エラーを返し、QuayRegistry とそのデプロイされた Kubernetes オブジェクトのみを残します。