Menu Close

第2章 Quay Operator のインストール

2.1. 以前のバージョンとの相違点

Red Hat Quay 3.4.0 の時点で、Operator は改善された追加設定なしのエクスペリエンスおよび追加の Day 2 操作のサポートを提供できるように完全に再作成されています。その結果、新規 Operator の使用はより容易になり、より使用しやすく事前設定されるようになりました。Operator の以前のバージョンとの主な相違点は以下のとおりです。

  • QuayEcosystem カスタムリソースは QuayRegistry カスタムリソースに置き換えられる
  • デフォルトのインストールオプションは、実稼働環境で使用できるすべての管理された依存関係 (データベース、キャッシュ、オブジェクトストレージなど) と共に完全にサポートされる Quay 環境を生成する (一部のコンポーネントには可用性がない場合があります)
  • 一貫性を確保するために Quay アプリケーションと設定ツールで共有される Quay の設定向けの新しい堅牢な検証ライブラリー
  • オブジェクトストレージを、ObjectBucketClaim Kubernetes API を使用して Operator で管理できるようになる(Red Hat OpenShift Data Foundations を使用すると、OpenSHift でこの API のサポートされる実装を提供できる)。
  • テストおよび開発シナリオ用にデプロイされた Pod によって使用されるコンテナーイメージのカスタマイズ