Menu Close

第4章 Quay Operator を使用した Quay のデプロイ

4.1. Quay レジストリーの作成

デフォルト設定は、Operator に対して Quay の依存関係(データベース、Redis、オブジェクトストレージなど)を管理するよう指示します。

4.1.1. OpenShift Console

  1. Operators → Installed Operators を選択してから Quay Operator を選択し、Operator の詳細ビューに移動します。
  2. 「Provided APIs」の下で「Quay Registry」タイルの「Create Instance」をクリックします。
  3. オプションで、QuayRegistry の「Name」を変更します。これにより、レジストリーのホスト名が影響を受けます。その他のフィールドはすべてデフォルトで設定されます。
  4. 「Create」をクリックし、Quay Operator によってデプロイされる QuayRegistry を送信します。
  5. QuayRegistry 一覧ビューにリダイレクトされるはずです。作成した QuayRegistry をクリックし、詳細ビューを表示します。
  6. 「Registry Endpoint」の値が設定されたら、その値をクリックして UI で新規の Quay レジストリーにアクセスします。「Create Account」を選択して、ユーザーを作成し、サインインできるようになりました。

4.1.2. コマンドライン

CLI を使用して同じ結果を得ることができます。

  1. quay.yaml というファイルに、以下の QuayRegistry カスタムリソースを作成します。

    quay.yaml:

    apiVersion: quay.redhat.com/v1
    kind: QuayRegistry
    metadata:
      name: my-registry

  2. QuayRegistry を使用している namespace に作成します。

    $ oc create -n <your-namespace> -f quay.yaml
  3. status.registryEndpoint にデータが設定されるまで待機します。

    $ oc get -n <your-namespace> quayregistry my-registry -o jsonpath="{.status.registryEndpoint}" -w
  4. status.registryEndpoint に値が設定されたら、Web ブラウザーを使用してこれに移動し、UI で新規の Quay レジストリーにアクセスします。「Create Account」を選択して、ユーザーを作成し、サインインできるようになりました。